無人完了機なので最前とは違ってガラガラで完了を終焉

サラ金なんかには無人結果タイミングっていうのがありますよね。愛車で走っていたりすると道端に見かけますね。

無人結果タイミングなのでスタートとは違って真っ白で結果を完了することができるんだけど、本当に誰も見ていないのか・・・カメラとかでチェックされていないのか。。などが気になったので調べてみました。

ガラガラ無人結果タイミングの向こうには誰も居なくて誰にも見られていないと思っている方も多いとおもいますが、実際は無人結果タイミングのディスプレー自体がカメラになっていて、他所にいらっしゃるオペレーターにしっかりと見られているそうなんです!!知らなかった!!

っていうことは、誰にも見られていないから安穏と思っていてももしかしたらディスプレーのあそこで知り合いとかがオペレーターしてて見られてるかもっていうことになるんですね!!

誰にも見られていないと思って変に挙動容疑だったり行為が悪かったりするとそれを見ているオペレーターの考え方を害する可能性があるので油断しない様にしてくださいね。

無人結果タイミングの手続きの流れは、

①タッチパネルで性別や生まれ、干支、家事の有無やいる箇所の各種(一軒家か賃貸かなど)あとは商売の有無や取り入れパターンなどプライバシーを入力します。

②自ら裏打ち(免許証やパスポートなど)のリード

③受け付け前面にニックネーム・十慮・家事ルートなどを記入してカメラで読み込む

④オペレーターの質問に応える  例えば今日申し込んだ原因や商売の条目など、サラ金会社によっても違うとは思いますが役目などについての簡単な質問をされます。

⑤値踏み

⑥カード支給

と、言う感じになっていらっしゃる。

在籍裏打ちですが、通常は自分呼称で電話をかけてきて負債ヒューマンが本当にその企業に居るのかどうかを確かめます。その際、企業に自分呼称で掛けてこられたら窮するというやつは調節も効くので相談してみてくださいね。

無人結果タイミングよりも、今はインターネットでの結果やWEB止めもできるようになっているのでそちらを利用してもいいかもしれませんね。クレジット支払い延長※期限直前はリボ変更もできない?